企業|企業速報 証券市場新聞

タカタ(7312) が急反落。米子会社のTK Holdingが破産法の適用申請を検討していると伝わったことで、改めて経営再建への道筋が不透明なことを嫌気した売りが膨らんだ。

報道ではリコール費用の拡大に対応するため新たな出資者を迎えるための選択肢の一つとしているが、会社側ははこの日日立会い開始前に「何ら決定した事実も開示すべき事実もない」と完全否定するコメントを発表した。

 

証券市場新聞

Pocket