松尾電が急反落、和解金計上で22年3月期下方修正で最終赤字に

 松尾電機<6969>が急反落。前週末取引終了後、22年3月期の単独業績予想について、最終損益を1億9000万円の黒字から3億8000万円の赤字(前期1億3400万円の黒字)へ下方修正したことが嫌気された。米国における直接購入者原告団から提起された集団民事訴訟について和解が成立、和解金約5億7000万円を特別損失として計上することが要因。売上高45億円(前期比18.3%増)、営業利益4億5000万円(同71.8%増)は従来見通しを据え置いている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる