企業|企業速報 証券市場新聞

イムラ封筒(3955)が反発。今夏の参院選までに早期の衆院解散による同時選挙観測が流れていることから、封筒事業で業界トップを誇り、官需向けの実績を誇る同社の恩恵期待がある。14日には今16年1月期の連結業績予想を営業利益で4億1000万円から5億8000万円(前期比2.4倍)へ上方修正しており、業績好調も評価される。
証券市場新聞

Pocket