荒川化が反発、既存事業活性化と付加価値製品拡販で25年3月期黒字浮上見込む

工業地帯|企業速報 証券市場新聞

荒川化学工業<4968>が反発。14日引け後に発表した25年3月期の連結で、経常損益15億円の黒字(前期24億1200万円の赤字)浮上を見込んだことが好感された。千葉アルコンの減価償却負担は重いが生産量は順調に拡大、拠点やプラントの統廃合を含む既存事業の新陳代謝の加速と「付加価値製品を拡販することで収益力を強化する」(高木信之社長)としている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

Error! The button ID (94818) you specified in the shortcode does not exist. You may have deleted this payment button. Go to the Manage Payment Buttons interface then copy and paste the correct button ID in the shortcode.

工業地帯|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次