三菱重工が続伸、米軍ミサイル不足に対応してパトリオット国内生産と伝わる

企業速報01|企業速報 証券市場新聞

 三菱重工業<7011>が続伸。日本経済新聞電子版はが「日米両政府が9~11日、都内で防衛装備に関する会合を開き、具体的な協力策の議論を始めた」と報じた。ミサイルの共同生産を進め、米軍の武器不足を補うことを想定する。米軍が使う防空用の迎撃ミサイル「パトリオット」を日本企業が受注、国内で共同生産する案などが浮上しており、パトリオットの日本国内生産でライセンスを持つ同社にビジネスチャンス拡大を期待した買いが向かった。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

Error! The button ID (94818) you specified in the shortcode does not exist. You may have deleted this payment button. Go to the Manage Payment Buttons interface then copy and paste the correct button ID in the shortcode.

企業速報01|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次