企業|企業速報 証券市場新聞

シャープ(6753)が後場に入って急伸、前日比35円高の172円まで上げ幅を広げた。昼のNHKニュースで「4日の取締役会でホンハイ(台湾・鴻海精密工業)に優先交渉権を与え、台湾資本の傘下で再建を目指す方針を決めた」と報じたことを受け、買い気が再燃した。
産業革新機構の提案に基づいて再建を目指すことにしていたが、ホンハイ精密工業がここにきて支援金額をさらに上積みして機構の支援額を大きく上回る金額での買収を提案したことが決め手で、ホンハイの豊富な資金力と大口の取り引き先であるアメリカのアップルとの強い関係を活用することで、再建の可能性がより高まると判断したとみられると伝えている。

証券市場新聞

Pocket