池上通が急伸し高値更新、JRAから総額26億5000万円を一括受注

池上通信機<6771>が後場に入って急伸約3カ月半ぶりに年初来高値を更新した。この日午後1時、日本中央競馬会(JRA)から映像伝送システムの更新設備を一括受注、総額26億5000万円の契約を結んだと発表したことを受け、収益貢献を期待した買いが向かった。

今回受注したのは08年に納入したJRAの関東、関西2カ所の映像センターと、全国の競馬場、ウインズをネットワークで接続した大規模なシステムの更新。18年3月から8月にかけ、関東と関西の両映像センターおよび、全国の競馬場10場、ウインズ(場外発売所)35カ所へ随時納入し、18年8月末から新映像伝送システムでの運用が開始されるとしている。

今回の受注は5月11日に予定している17年3月聞で発表で、18年3月期の業績予想に織り込む予定。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる