企業|企業速報 証券市場新聞

フジプレアム<4237>が3日ぶりに反落。17日大引け後に、18年3月期の連結業績予想を発表、売上高は130億1200万円(前期比1.4%増)、営業利益は9億700万円(同37.2%増)、純利益は5億100万円(同14.3倍)と2ケタ増益を見込んでいるが、前日までの上昇から利益確定売りに押されている。同社の強みである「精密貼合技術」並びに「メカトロニクス技術」を活かし、ディスプレイ・タッチパネル市場、LED市場、新素材加工市場、ロボット市場、再生可能エネルギー市場等で新たな市場開拓を行う。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket