企業|企業速報 証券市場新聞

木徳神糧(2700)が急反落、前日比40円安の560円で寄り付いた。16日取引終了後に発表した2016年12月期の連結業績で、売上高1030億円(前期比2.3%増)、営業利益11億3000万円(同18.4%減)と増収ながら2ケタ超の減益を見込んだことが失望売りを誘った。
米価上昇で増収を確保するが、海外事業拡大のための先行投資と販売競争の激化などの影響を織り込んだ。前期は主力の米穀事業の好調と鶏肉事業の採算改善で計画を上回り、営業利益13億85000万円(前の期比22.4%増)と大幅増益を達成した。

証券市場新聞

Pocket