企業|企業速報 証券市場新聞

 フルスピード<2159>が急落。9日引け後に発表した17年4月期の連結決算はけん引役のアドテクノロジー事業が計画に届かず計画を下回って着地したが、18年4期期は、売上高200億円(前期比10.7%増)、営業利益16億円(前期比88.2%増)と増収大幅増益を見込んだ。ただ、株価は先行して上昇、年初来高値圏にあったことから、当面の利益を確定する売りが優勢になった。今期はアドテクノロジー事業でニアショア・オフショアなどによる開発体制を強化、アフィ
リエイト・サービス・プロバイダーやインターネット広告運用最適化統合プラットフォーム、スマートフォン向け動画アドネットワークなどを拡大することで収益力を強化する。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket