企業|企業速報 証券市場新聞

オリンパス(7733)が急反発。きょう取引開始前に米国反キックバック法と米国虚偽請求取締法に基づく調査を受けていた件について、米国司法省と和解することで合意したと発表したことを受け、買戻しが先行した。
罰金と制裁金については、2015年3月期と16年3月期第3四半期に全額を米国反キックバック法等関連引当金として処理を済ませており、利子は16年3月期決算で特別損失として計上する見込み。業績予想に変更はないとしている。

証券市場新聞

Pocket