企業|企業速報 証券市場新聞

コスモ・バイオ(3386)がストップ高。前週末取引終了後、がん研究用抗体「抗LAT1-CD98抗体」を3月から発売すると発表したことを受け、買い気が強まった。
「抗LAT1-CD98抗体」は、がん細胞の表面に高発現しているLAT1-CD98複合体を特異的に認識するモノクローナル抗体で、これまで困難であったLAT1-CD98複合体を発現しているがん細胞の単離・濃縮を容易に行うことができる。また、LAT1はがん細胞に対する分子標的薬のターゲットの一つとして注目されており、新しいがん治療薬開発のための有力な研究ツールとなると期待さあれている。

証券市場新聞

Pocket