ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>が急伸。この日11時に、18年2月期の第2四半期(3~8月)連結業績予想を営業収益で6281億円から6330億円(前年同期比3倍)へ、営業利益で246億円から335億円(同66.4%増)へ、純利益で140億円から230億円(同92.0%増)へ上方修正したことが材料視された。サークルKサンクスからファミリーマートへのブランド転換店舗数並びに転換店舗の日商が計画を上回って推移、上期に予定した店舗の閉鎖が下期にずれ込んだことなどが寄与している。

 

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket