企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ(9984)が反発。同社は7日大引け後にグループ内での組織再編を発表しており、これが注目されている。新たに海外事業統括会社と国内事業統括会社を日本国内に設置するとともに、ニケシュ・アローラ氏、宮内 謙氏をそれぞれの最高責任者に任命し、権限の明確化と機動的なグループ運営を目指すもの。こおれにより、従来示してきた、海外事業と国内事業を成長の両輪とする戦略方針を、具現化させる方針。

証券市場新聞

Pocket