企業|企業速報 証券市場新聞

アイビーシー(3920)ストップ高。7日、自社研究開発ソフトウエアや受託システム開発などを行うインフォサイエンスと統合ログ市場で協業すると発表したことが買い手がかりになった。。
同社の性能監視ソフトウエアとインフォサイエンスの統合ログ管理ソフトウエアを連携して、9日から「システムアンサージーツー ログオプション」として提供を開始。性能情報とログを統合管理することで、障害の予兆検知の予兆検知や予防保守や予防保守のほか、システム障害やセキュリィ事故が発生した場合でも、影響範囲の把握から原因究明のための調査までを一貫して行えるため、可用性と安全性を兼ね備えたシステム運用が可能になるとしている。

証券市場新聞

Pocket