アンジェス【4563】が反発。5日、カナダのサスカチュワン大学と共同で進めているDNAワクチン技術を応用したエボラ出血熱抗血清製剤の開発について、

マウスを使った動物試験で良好な結果が得られたと発表したことが好感された。ウマ血清が治療薬としての機能を有することを示唆するもで、引き続き動物実験を行いエボラ出血熱抗血清剤の早期実用化に向けて開発を進めるとしている。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket