ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

大盛工(1844)が8連騰で高値、第1四半期は1億4600万円の営業黒字

大盛工業(1844)が8連騰、年初来高値を更新した。同社は11日の取引終了後、

18年7月期の第1四半期(8~10月)連結決算を発表、売上高は7億3200万円(前年同期比37.5%増)、営業損益は1億4600万円の黒字(前年同期5000万円の赤字)、最終損益は1億3300万円の黒字(同3億700万円の赤字)と黒字転換を達成した。主力の上・下水道の施工で、安定した完成工事高を計上している。
通期は売上高42億4500万円(前期比10.0%増)、営業利益2億4300万円(同2.3%増)、純利益2億3500万円(同6.8倍)と従来予想を据え置いている。

 

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket