企業|企業速報 証券市場新聞

千代田化工建設(6366.T)が後場に入って一段安に売られている。この日昼休み時間中に16年3月期の連結業績と配当予想を下方修正したことがを嫌気された。
売上高を6000億円から5800億円(前期比20.6%増)、営業利益を200億円から110億円(同48.8%減)、最終利益を120億円から25億円(同77.3%減)へ。海外石油関連プロジェクトの建設費用がかさみ、原油価格低迷で海外グループ会社の業績が悪化、英国子会社ののれんの減損損失を計上することも響き、利益が計画を大きく下ぶれる。
大幅な利益減額に伴い、期末一括配当を14円から8円(前期13円)に引き下げた。

証券市場新聞

Pocket