ビール|飲食 証券市場新聞

U&C(3557)がストップ安、3Q34%営業減益で通期未達を警戒

 ユナイテッド&コレクティブ(3557)が急反落、ストップ安まで売られた。前裕松取引終了後に発表した18年2月期第3四半期累計(17年3~11月)の単独決算は、売上高47億500万円(前年同期比16.4%増)と2ケタ超の増収ながら、営業利益1億1500万円(同33.9%減)と大幅減益で着地したことで、通期計画未達成を警戒した売りがかさんだ。新規出店による店舗増で売り上げは増加したものの、原価の高騰により粗利幅が減少した。通期計画の営業利益3億円(前期比18.1%増)に対する3Qの進捗率は38.3%に過ぎない。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket