企業|企業速報 証券市場新聞

日立物流(9086)が続騰、前日比187円高の1997円まで買い進まれ、上昇率は10%を超えた。30日付け日本経済新聞が「日立製作所(6501)と佐川急便を傘下に持つSGホールディングスは物流分野で資本・業務提携する」と報じたことが買い手がかりになった。
日立グループが日立物流株式の3割弱をSGに売却する一方、日立物流は佐川急便株の2割を引き受けるなど相互に出資、括的な協力で国内物流2位グループを形成し、将来の経営統合も視野に入れるとしており、提携による競争力強化と事業拡大を期待した買いが先行した。
報道について会社側は立会い開始前に「本日開催の取締役会で付議する予定」とコメントを発表した。

証券市場新聞

Pocket