企業|企業速報 証券市場新聞

日本メディカルネットコミュニケーションズ(3645)が続騰、約3カ月ぶりに年初来高値を更新した。
31日取引終了後に発表した16年5月期第3四半期累計(15年6月~16年2月)の連結決算で、売上高11億1100万円(前年同期比23.5%増)、営業利益1億4800万円(同83.9%増)と大幅増収増益を達成したことを受け、買い気が強まった。
通期は売上高13億1000万円(前期比4.1%増)、営業利益5000万円(同50.4%減)と従来予想を据え置いたが、第3四半期の売上高進捗率は85%に達し、営業利益は計画を大きく超過。基幹事業のポータルサイトが堅調で、医療BtoB事業が大きく伸び、利益を押上げている。

証券市場新聞

Pocket