サンケン電(6707)が一段高、第3四半期は2.7倍営業増益

 サンケン電気(6707)が一段高。同社は6日の取引終了後、18年3月期第3四半期累計(2017年4月~12月)の連結決算を発表、売上高は1302億4200万円(前年同期比14.2%増)、営業利益は85億9100万円(同2.7倍)、最終損益は109億9700万円の赤字(前年同期5100万円の黒字)と大幅な営業増益となったことを好感した。半導体デバイス事業で中国エアコンメーカー向けや韓国の洗濯機冷蔵庫メーカー向けの白物家電用ICおよびトランスミッションやパワー・ステアリング向けの自動車用ICやセンサー製品が好調に推移している。
 通期は売上高1730億円(前期比9.0%増)、営業利益100億円(同68.6%増)、最終損益137億円の赤字(前期17憶3900万円の黒字)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket