企業|企業速報 証券市場新聞

ケーヨー(8168)とDCMホールディングス(3050)が高い。両社は5日引け後に、業務提携と将来的な経営統合に向けて協議すると発表したことが買い手がかりになった。
業務提携により経営規模を拡大、仕入・販売・店舗管理などの業務効率化と経費削減を進め、売り上げを拡大していく。経営統合はDCMHDを完全親会社、ケーヨーを完全子会社とした株式交換を前提に、4月末日をメドに契約を結ぶ方向で協議していく。

証券市場新聞

Pocket