企業|企業速報 証券市場新聞

ファーストコーポレーション(1430)が急反発、一時ストップ高となる前日比150円高の1140円まで上げ幅を広げた。
7日付日本経済新聞が第3四半期累計(15年6月~16年2月)の単独営業利益は前年同期比8割増の11億20000円前後だったようだと報じたことを受け、買い気が盛り上がった。単価の高い都心部の工事受注が増えたほか、自社で土地の購入から建設まで手掛ける開発案件も採算が改善したとしており、通期業績の上ぶれが期待された。

証券市場新聞

Pocket