企業|企業速報 証券市場新聞

ピックルス(2925)が3日続落、野菜高止まりで18年2月期利益予想を下方修正

 ピックルスコーポレーション(2925)が3日続落。同社は27日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を378億6000万円から381億9600万円(前期比6.7%増)へ、営業利益を13億9300万円から10億8200万円(同38.7%増)へ、純利益を9億6900万円から7億9200万円(同44.5%増)へ修正、利益の下方修正を嫌気した。主要原料である白菜、胡瓜や大根などの仕入価格が高止まりし、野菜の生育不良による歩留まり低下も影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket