IT|企業速報 証券市場新聞

カワセコンピュ(7851)が反落、受注単価下落などで18年3月期予想を下方修正

 カワセコンピュータサプライ(7851)が反落。同社は22日の取引終了後、18年3月期の単体業績予想の修正を発表、売上高を32億円から30億円(前期比4.8%減)へ、営業損益を1500万円の黒字から1300万円の赤字(前期000万円の赤字)へ、最終損益を1000万円の黒字から200万円(同600万円の赤字)へ下方修正した。大口案件の電子化、受注単価の下落など想定以上の進行が影響し、利益の減少と人員確保難に係る費用増加も圧迫している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket