IT|企業速報 証券市場新聞

クレオ(9698)がS高、RPA関連の一角として人気

クレオ(9698)が急伸、ストップ高まで買われた。企業向け基幹パッケージソフトウェア「ZeeM」シリーズの開発と販売、大手企業向けシステム受託開発が主力で、人工知能(AI)搭載の業務自動化支援システムへの期待が大きく、RPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)関連の一角として人気を集めた。18年3月期は連結営業利益4億円(前期比35.1%増)を見込むなど足元の好調な業績も買い安心感を呼んでいる。

株式ニュース

Pocket