電子部品|企業速報 証券市場新聞

一工薬(4461)が急騰、高付加価値品伸長で18年3月期予想を上方修正

 第一工業製薬(4461)が急騰。同社は29日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を578億円から569億円(前期比8.9%増)へ、営業利益を40億円から50億円(同26.8%増)へ、純利益を25億円から33億円(同32.6%増)へ上方修正、期末一括配当を12円から14円(前期12円)へ引き上げた。「界面活性剤」や「機能材料」セグメントのIT・電子用途等を中心とした高付加価値品が顕著に伸長している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket