企業|企業速報 証券市場新聞

キユーピー(2809)が安値、第1四半期増収増益も低進捗率で悲観売り

 キユーピー(2809)が4日続落、年初来安値を更新した。同社は3日の取引終了後、18年11月期の第1四半期(17年12月~18年2月)連結決算を発表、売上高は1372億1200万円(前年同期比3.9%増)、営業利益は57億2500万円(同2.7%増)、純利益は32億4700万円(同20.5%増)と増収増益を達成したが、進捗率の低さから悲観売りを浴びている。中食市場向けのカット野菜や惣菜が好調に推移、付加価値品の伸張や不採算商品の見直しなども進んでいるという。
 通期は売上高5800億円(前期比3.3%増)、営業利益330億円(同5.6%増)、純利益186億円(同2.8%増)と従来予想を据え置いている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュース

Pocket