下落|企業速報 証券市場新聞

ユタカ技研(7229)が続落、減損損失計上で18年3月期利益予想を下方修正

 ユタカ技研(7229)が続落。同社は6日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上収益を1620億円から1780億円(前期比13.2%増)へ、営業利益を117億円から95億円(同21.5%減)へ、純利益を60億円から30億円(同45.0%減)へ修正、利益の下方修正を嫌気した。中国において顧客からの受注が当初の見込みを上回る見通しながら、北米連結子会社(カーディントン・ユタカ・テクノロジーズ・インコーポレーテッド)が保有する固定資産について、収益性が低下したことに伴い減損損失を計上している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket