ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

関ペイント(4613)が反落で安値、中東地域苦戦で18年3月期利益予想を下方修正

 関西ペイント(4613)が反落、年初来安値を更新した。同社は13日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は4000億円(前期比21.1%増)で据え置いたが、営業利益を390億円から360億円(同2.0%増)へ、純利益を260億円から180億円(同25.5%減)へ下方修正した。中東地域において事業計画が当初の予定よりも遅延しており収益性が低下していることから、のれん相当額の減損処理を行う見通し。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket