自動車|製造業 証券市場新聞

キムラユニティー(9368)が続落、生産性悪化などで18年3月期予想を下方修正

 キムラユニティー(9368)が続落。同社は20日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を490億円から488億5000万円(前期比4.0%増)へ、営業利益を17億3000万円から15億4000万円(同10.0%減)へ、純利益を11億5000万円から8億4000万円(同19.4%減)へ下方修正した。北米子会社における格納器具製品事業の急激な生産増加による生産性の悪化や国内における自動車サービス事業の外注費の増加等が影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket