米国臨床腫瘍学会で「レンビマ」「キイトルーダ」併用療法最新データを発表

エーザイ(4523)が続伸、年初来高値を更新した。この日、6月1日~5日に米国シカゴで開催される「第54回米国臨床腫瘍学会年次総会」で同社が創製したマルチキナーゼ阻害剤レンバチニブメシル酸塩(製品名:レンビマ=レンバチニブ)に関する最新データを発表すると発表したことが材料視された。今回の年次総会では、レンバチニブについて、Merck&Co.,Inc.,Kenilworth,N.J.,U.S.A.(北米以外ではMSD)の抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(製品名:キイトルーダ)との併用療法による固形がんを対象とした臨床第Ib/II相試験(111試験)のうち、腎細胞がん、子宮内膜がん、頭頸部扁平上皮がんのコホートおよび肝細胞がんを対象とした臨床第Ib相試験(116試験)に関する最新データのポスター発表などが予定されている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket