ヤガミ(7488)が急反落、19年4月期減収減益予想で失望売り

 ヤガミ(7488)が急反落。前日取引終了後に発表した19年4月期の連結業績は、売上高85億円(前期比2.3%減)、経常利益11億8000万円(同4.9%減)と減収減益を予想したことが失望売りを誘った。18年4月期は小中学校向け理科学機器や半導体向けの保温・加熱用電気ヒーター、環境試験装置が伸び、売上高87億300万円(前期比10.2%増)、経常利益12億4000万円(同11.8%増)。と2ケタ増収増益で着地したが、今期は価格競争激化を織り込み厳しく見積もった。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket