企業|企業速報 証券市場新聞

大和コンピューター(3816)が急伸。22日、農林水産省の「2016年度農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」に「メロン養液栽培による循環型農業確立コンソーシアム」が承認されたと発表したことが買い手がかりになった。
同社はメロン養液栽培に09年から取り組み、日射比例による養液潅水装置なども自社で作成、15年にはポット耕での安定生産を可能にした。地域の農家や行政などの後押しもあり、メロン養液栽培の本格的な普及のため、地元農家や企業(豊田肥料など)とともにコンソーシアムを立ち上げ、実証事業を進めていく。
ICT化によって複数の生産者のデータを蓄積、生産性を高めるとともに、使用済養液を有価物として回収、肥料などとして再利用する循環型農業の確立を目指す。

証券市場新聞

 

Pocket