レポート|企業速報 証券市場新聞

フージャース(3284)が反発、岡三証券が新規「強気」

フージャースホールディングス(3284)が反発。13日付で岡三証券がレーティングを新規「強気」目標株価を1040円に設定したことが材料視された。国内では今後、一定規模以上の都市では住宅と都市機能を中心部に集約(=コンパクトシティ化)していくことが目指されており、こうした都市ではマンションをはじめとした集合住宅の需要が高まっていくと考えるとし、総人口が減少トレンドを辿る中、一部の都市では人口・世帯数が増加、もしくは限定的な人口減少トレンドの中で世帯数が増加する可能
性があるとし、同社はこれら変化の恩恵を享受すると指摘。19年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の91億6000万円(前期72億8900万円)に対して96億円と予想している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket