自動車|製造業 証券市場新聞

大同工(6373)は急落し安値、公募増資発表受け希薄化と需給圧迫を懸念

大同工業(6373)は続急落、年初来安値を更新した。2日取引終了後、公募増資の実施を発表しており、130万株の公募増資と1万株の自己株処分、上限19万株のオーバーアロットメントによる売出を実施すると発表したことを受け、株式価値の希薄化や需給圧迫を懸念した売りが膨らんだ。発行済み株式数は最大で約16%増える見込み。手取概算額合計20億2400万円はインド、フィリピン、ベトナム子会社への投融資や設備投資などに充てる。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket