ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

アクアライン(6173)が急落、第1四半期57.9%営業減益を嫌気

 アクアライン(6173)が急落。同社はこの日11時30分に19年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表、売上高は13億5900万円(前年同期比14.9%増)、営業利益は3300万円(同57.9%減)、純利益は1800万円(同53.8%減)と大幅な減益となったことが嫌気された。現場サービススタッフ増員による人件費等の増加、業務提携先からの受注増加に伴う販売手数料の増加等が圧迫している。
 通期は売上高61億6500万円(前期比17.3%増)、営業利益3億8900万円(同1.0%増)、純利益2億5400万円(同1.3%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket