ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

コマツ(6301)が反落、第1四半期85.8%営業増益も目先売り

 コマツ(6301)が反落。同社は27日の取引終了後、19年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表、売上高は6460億6000万円(前年同期比15.1%増)、営業利益は960億4800万円(同85.8%増)、純利益は629億7000万円(同73.0%増)と大幅な増収増益だったが目先的な売りに押されている。国内では昨年9月に施行された新排出ガス規制に伴う駆け込み需要の反動減などの影響があったものの、北米、アジアを中心に多くの地域で需要を着実に取り込んでいる。
 通期は売上高2兆5030億円(前期比0.1%増)、営業利益3390億円(同24.8%増)、純利益2260億円(同15.1%増)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket