企業|企業速報 証券市場新聞

リード(6982)が後場に入って急伸、ストップ高となる50円高の165円まで上げ幅を広げた。この日の前場立会い終了後に集計中の16年3月期の単独業績と配当を上方修正したことが買い手がかりになった。
従来予想の売上高49億円を50億2000万円(前の期比4.3%減)、営業利益1000万円を8000万円(同70.2%増)へ。利益拡大に伴い期末一括配当を2円から4円(前の期3円)へ引き上げた。売り上げが計画を上回り、自動車部品の生産小売が向上したことも利益を押上げた。

証券市場新聞

Pocket