企業|企業速報 証券市場新聞

東亜建設工業(1885)が大幅続落、前週末に続いて年初来安値を更新した。
羽田空港C滑走路の地盤改良工事で施工不良の疑いが判明したことについて、6日引け後、地震発生時の液状化を防ぐ薬液の注入量データを改ざんし、設計通りに完成したと国土交通省に虚偽の報告をしたと発表。改ざん発覚による不信感に加え、今後の受注への影響を警戒した売りがかさんだ。

証券市場新聞

Pocket