下落|企業速報 証券市場新聞

ナトコ(4627)が軟調、原材料価格の高騰で第3四半期は2.0%営業減益

 ナトコ(4627)が軟調。同社は8月31日の取引終了後、18年10月期第3四半期累計(17年11月~18年7月)の連結決算を発表、売上高は123億4700万円(前年同期比7.0%増)、営業利益は10億300万円(同2.0%減)、純利益は6億8400万円(同5.3%減)と増収減益だった。金属用塗料分野では、作業性を考慮したエポキシプライマーや工作機械向け塗料「スーパーワン/SuperOne」の拡販に加え、中国やフィリピンでの販売が増加したものの、建材用塗料分野では、新規住宅着工件数の減少に伴い、総じて需要が低調に推移、原材料価格の高騰の影響も受けている。
 通期は売上高166億円(前期比5.0%増)、営業利益15億円(同2.6%増)、純利益10億2000万円(同6.1%減)と従来見通しを据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket