IT|企業速報 証券市場新聞

ファーストロジ(6037)が急伸、「楽待」の会員数増加を評価

 ファーストロジック(6037)が急伸。同社は19日の取引終了後、18年7月期の決算を発表、営業収益は18億2200万円(前期比1.6%増)、営業利益は6億2500万円(同25.5%減)、純利益は4億7600万円(同7.3%減)と大幅な減益だったが、「楽待」では、「楽待新聞」やメールマガジンを通じて不動産投資家への有益なコンテンツの提供を充実させ会員数の増加策を図っている。コスト増が圧迫しているようだが今期以降の業績拡大期待が高まっている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket