騰落銘柄|チャート 証券市場新聞

海運が値上がり率トップ、バルチック指数目先底入れで円安もプラスに

商船三井(9104)、日本郵船(9101)、川崎汽船(9107)の大手海運株が高い。午前11時10分現在、業種別騰落率で値上がりトップに立っている。ばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が1000近辺まで下落したあと、前週末23日まで3日続伸し1100近くまで戻すなど底入れの兆しを見せてきたことで買戻しや押し目買いが優勢になった。米中通商問題による荷動き鈍化への懸念が週末の米中首脳会談を控えやや後退。ドル建て決済の海運会社は113円台半ばまで進んだ円安も収益にプラスに働く。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

個別

Pocket