ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

大日住友薬(4506)が急反発し新値、ラツーダの米国訴訟で和解成立

大日本住友製薬(4506)が急反発、12日ぶりに年初来高値を更新した。27日引け後、抗精神病薬「ラツーダ」の米国特許侵害訴訟で和解が成立したと発表したことが買い手掛かりになった。今回の和解で全ての被告との紛争が終結、後発品の販売は2023年2月21日以降となり、特許切れによるラツーダの販売減少懸念が後退した。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket