企業|企業速報 証券市場新聞

三菱自動車(7211)が急反発、前場東証1部値上げ利率上位にランクインした。25日取引終了後、燃費試験データの不正による軽自動車4車種の社内試験結果をもとに損失の一部を見積り、16年3月期に燃費試験関連損失191億円を特別損失に計上すると発表。、損失額は今後膨らむ可能性はあるが、当面のアク抜け感につながった。併せて日産自動車(7201)との資本・業務提携で戦略提携契約を結んだと発表したことも買い安心感を誘ったようだ。

証券市場新聞

Pocket