企業|企業速報 証券市場新聞

カルナバイオサイエンス(4572)ストップ高買い気配。この日立会い開始前に米プロナイ・セラピューティクス社と、同社開発のCDC7を標的とする抗がん剤の医薬品候補化合物(AS‐141)に関するライセンス契約を結んだと発表したことを好感した買いが集まった。
AS‐141はCDC7を阻害する低分子キナーゼ阻害薬で、前臨床試験で様々ながん種に対して抗腫瘍効果を示しており、プロナイ社に開発・商業化に関する全世界を対象としたライセンスを供与することになった。プロナイ社からは契約一時金として90万ドル(約1億円)を支払うほか、開発、承認、上市などの進捗に応じて最大2億7000万ドル(約300億円)のマイルストーン、上市後の売上高に応じた段階的ロイヤリティを受け取ることになる。

証券市場新聞

Pocket