企業速報01|企業速報 証券市場新聞

富士通(6702)が反発、量子理論応用最適運転ルート分析技術実用化と報じられる

富士通(6702)が反発。24日付の日本経済新聞が「量子コンピューター理論を応用し、リアルタイムに車1台ごとの最適経路を導き出す技術を2021年をめどに実用化する」と報じたことが買い手掛かりになった。東日本高速道路(NEXCO東日本)は人工知能(AI)で渋滞の予測精度を高めると伝えており、新技術実用化による今後の収益貢献を期待した買いが向かった。

by 株価チャート「ストチャ」

2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket