決算|企業速報 証券市場新聞

ゼネパッカー(6267)がストップ高、コスト減などで19年7月期予想を上方修正

 ゼネラルパッカー(6267)がストップ高カイ気配。同社は4日の取引終了後、19年7月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を72億円から83億円(前期比16.9%増)へ、営業利益を3億9800万円から5億9600万円(同60.2%増)へ、純利益を2億7000万円から4億2000万円(同61.3%増)へ上方修正した。包装機械事業における原価低減による売上総利益の増加や研究開発費の執行が下半期にずれ込んだこと等による販売費及び一般管理費の減少等が要因。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket