タンカー|証券市場新聞

海運が上昇率トップ、市況改善と収益回復先取り買戻し本格化

 日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)など大手海運株が買い進まれ、午後2時30分現在業種別騰落率で海運が上昇率トップに立っている。ばら積み船市況のバルチック海運指数は低迷が続いているものの、中国経済に底入れの兆しが見え敵ことや米中貿易交渉進展への期待も強く、市況改善と収益回復を先取りするかたちで買戻しが本格化した。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket